ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

公園遊びに持っていきたい「日焼け止め」&「虫よけ」

main-visual

梅雨の晴れ間の日差しに誘われて、赤ちゃんやキッズと一緒に公園へ……そんなとき、忘れてはいけないのが紫外線対策と虫対策。今回は、お子さまとの公園遊びに持っていきたい日焼け止めと虫よけをご紹介します。

公園遊びにおすすめの時間帯は?

紫外線は午前10時~午後2時の間が強くなります。そのため、公園遊びをするなら涼しい朝方か夕方がおすすめですが、午後5時~午前7時は、蚊の吸血活動も活発!すき間の時間帯を狙うか、おでかけ前にしっかり虫よけをしてあげましょう。

ベビーもキッズも日焼け止めと帽子は必須です

赤ちゃんやキッズの肌は、まだまだ成長途中でデリケート。紫外線に対する抵抗力が弱いため、大人より肌への影響は深刻です。散歩や公園遊びをするときは、日焼け止めに加え、日傘やつばの広い帽子で日差しも防いであげましょう。

日焼け止めは、肌への負担が少ない無香料・無着色・低刺激で、いつもの洗浄料ですっきり落とせるものがおすすめ。日常生活の紫外線なら、SPF15~25、PA++程度でしっかり防げます。

>新生児から使える日焼け止め乳液「ママ&キッズ UVライトベール」の詳細はこちら


>汗・水に強い日焼け止めジェル乳液「ママ&キッズ サンスクリーンジェル」の詳細はこちら

使う順番は保湿→日焼け止め→虫よけ

肌の露出が増えるこの時季は、虫刺されにも注意が必要です。特に、子どもは虫に刺されると炎症が起きやすく、翌日に腫れ上がることも。公園や森林、草むらに入るときは、虫対策も忘れずに。保湿で肌の保護をしてから日焼け止めをぬり、色の薄い長袖の服、長ズボン、つばの広い帽子を着用して、最後に虫よけスプレーを使いましょう。

>スルスルのびる乳状ローション「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」の詳細はこちら

>4歳以上のキッズにおすすめ◎乳状ローション「ママ&キッズ キッズミルキーローション」の詳細はこちら



虫よけスプレーは子どもも使えるものを選んで。1歳未満のベビーや敏感肌のキッズには、ベビーカーや洋服、帽子などにスプレーして使用することをおすすめします。

>和ハッカの天然虫よけミスト「森の肌守り。」の詳細はこちら

日焼け止め&虫よけは2~3時間おきにつけ直して

日焼け止めや虫よけは時間が経過すると効果が薄れるほか、汗で流れてしまうこともあります。おでかけをするときは、日焼け止めと虫よけを携帯し、2?3時間おきにつけ直しましょう。つけ直すときは、まず汗をおしぼりやウェットティッシュでやさしく拭き取って。肌をキレイにしたら保湿をし、日焼け止めをぬり、最後に虫よけをスプレーしましょう。

>携帯にも便利な日焼け止め乳液「ママ&キッズ UVライトベール」の詳細はこちら

>携帯に便利な天然虫よけミスト「森の肌守り。ハーフサイズ 53ml」の詳細はこちら

おわりに

今回は、赤ちゃんやキッズの肌トラブルを防ぐ「日焼け止め」と「虫よけ」についてご紹介しました。ポイントは、保湿をしてから使用することと、2~3時間おきにつけ直してあげること。どちらもバッグにしのばせて、公園遊びを思いっきり楽しんでください!

関連商品

ママ&キッズ

ベビーミルキーローション
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

キッズミルキーローション
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

サンスクリーンジェル
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

UVライトベール
詳しくはこちら >

アイランド

森の肌守り。
詳しくはこちら >

カテゴリ一覧バナー

ナチュラルサイエンスTOP > ベビー(赤ちゃん)コラム > スキンケア > 乾燥肌・敏感肌のスキンケア > 公園遊びに持っていきたい「日焼け止め」&「虫よけ」

トクトクキャンペーン