ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

初夏の肌トラブルを防ぐ!おうちで楽しくスキンケア♪

main-visual

気温が高くなり、ジメジメとした蒸し暑さを感じる季節になりました。
おうちにいても、この時期は「汗」「紫外線」「虫」など肌トラブルの敵がいっぱい。
ここでは一日のシーンごとに、肌トラブルを防ぐベビー&キッズのスキンケアを紹介します。

おはよう!お着替えのついでにたっぷり保湿&UVケア

忘れがちな朝の保湿。朝の保湿でバリアをつくっておくと、外の刺激から肌を守り、肌トラブルを防ぐこともできます。朝起きて、お着替えのとき保湿する習慣をつけましょう。

保湿ケアのポイント

●保湿剤は、ぬったあとティッシュがはりつくくらいたっぷりの量で

保湿剤が足りないとその効果を十分に発揮できません。たっぷりの量をぬりましょう。ベビーやキッズの肌にはすぐなじんでいきますのでおしりのケアのあとも、保湿剤が乾くまでおむつの着用を待つ必要がありません。

●ゴシゴシぬりはNG! 保湿剤は一方向にすーっとのばしましょう

ゴシゴシぬりは肌の刺激となり、トラブルの原因になってしまいます。腕や脚はつけ根から指先に、胴体なら首から股に向かって、一方向にすーっとやさしくのばしましょう。

●保湿剤はデリケートなベビー&キッズ肌にも安心なものを選んで

ベビー肌は成長途中の段階。厚みも大人の半分ほどしかなく、常にうるおいが不足していて刺激に敏感な状態です。また、キッズ肌は皮脂の分泌がベビーよりも少なく、常に乾燥したデリケートな状態です。ベビー&キッズ専用の低刺激で肌に不要なものが入っていないアイテムを選びましょう。

[ベビーにおすすめ]すーっとぬりやすく、ベタつかない乳状ローション

>「ママ&キッズ ベビーミルキーローション」の詳細はこちら

[キッズ(4歳~)におすすめ]キッズの肌環境を考えた乳状ローション

>「ママ&キッズ キッズミルキーローション」の詳細はこちら

また、おうちで遊んでいても窓ガラス越しの日射しなど日常生活を通して浴びている生活紫外線に要注意です。保湿した流れで、ベビー&キッズが安心して使える低刺激の日焼け止めをぬって、毎日のUVケアも習慣づけましょう。

おすすめは「ママ&キッズ UVライトベール」。みずみずしい使い心地でお子さまも嫌がらない日焼け止め乳液です。無香料・無着色・低刺激で新生児から使えます。
UVカット成分をカプセルに内包し、直接肌にふれないように工夫。つけている間も肌への負担が少ないだけでなく、低刺激洗浄料だけで簡単に落とせます。

>「ママ&キッズ UVライトベール」の詳細はこちら

お子さまと歌ったり、お話しながら楽しくぬれるといいですね。しかしお子さまの機嫌が悪かったり、なかなか着替えや保湿をさせてくれなかったりと、疲れてしまうことも多々あります。そんなときは無理せずにまた次の機会でいいやと気軽にスキンケアを習慣づけていただけるとうれしいです。

おむつの中はムレムレ!拭き取りミストで汚れを落として、保湿してからおむつ替え

この時期、汗っかきのベビーやキッズのおむつの中は特にムレムレであせもの原因にもなります。また、うんちやおしっこは肌の上に残ったままになっていると刺激になります。おむつ替えのときは、拭き取りミスト「ベビースキンフレッシュナー」をおしりにシュシュっとスプレー。ウェットティッシュで軽く拭き取るだけで汚れがきれいに取れ、次の汚れがつきにくくなりますよ。そのあとしっかり保湿をしてあげる習慣をつけましょう。

>「ママ&キッズ ベビースキンフレッシュナー」の詳細はこちら

「ベビースキンフレッシュナー」は汚れや汗の成分までするんと落としてくれます。なので、おむつ替えのときだけでなく、おうちの中でいっぱい遊んだあとや、お昼寝あとに汗をかいてしまったときに汗の拭き取りミストとしてもおすすめ。1本あれば大活躍すること間違いなしです。

「いただきます!」の前も「ごちそうさま!」のあとも顔まわりの保湿ケアを

食事前に保湿剤をぬると、よだれや食べこぼしの刺激が直接肌につくのを防ぎ、肌トラブルの予防になります。食後もやさしく押し拭きしてきれいになったら、保湿剤をしっかりぬってあげましょう。

>「ママ&キッズ プロテクトベール」の詳細はこちら

おうちにいても虫対策!レースカーテンに虫よけミストをシュシュッ!

なかなか外出できず、外で虫よけを使う機会は減っていますが、おうちの中でもご用心!家の中に虫が入り込んでいたなんてこともありますよね。ディート不使用でお子さまとも使えるやさしい虫よけミスト「森の肌守り。」なら、おうちでもレースカーテンにスプレーして使えば、窓から虫が入りにくくなります。また、和ハッカを中心としたハーブの天然アロマでお部屋の中もさわやかないい香りに。寝具にスプレーすれば寝ている間の虫刺され予防にもなりますよ。

>ナチュラルアイランド「森の肌守り。」の詳細はこちら

お風呂上がりは5分以内に保湿して

ベビーやキッズはとても暑がり。湯船に入れるときは3分以内を心がけて、温めすぎに注意しましょう。シャワーも湯船の温度は38~39℃が目安です。また、お風呂のあとは肌が一気に乾燥してしまうので5分以内に全身保湿ケアしてあげましょう。

おわりに

今回は一日の中のシーンごとのベビー&キッズのスキンケアを紹介しました。お子さまの肌トラブルを防ぐためにスキンケアはとても大切です。なかなか外出できず、おうちの中でお子さまとの時間も疲れてしまうときもあります。そんなときは無理せず、お子さまと笑顔でのコミュニケーションを一番に考えたいですね。

ナチュラルサイエンスTOP > ベビー(赤ちゃん)コラム > スキンケア > 乾燥肌・敏感肌のスキンケア > 初夏の肌トラブルを防ぐ!おうちで楽しくスキンケア♪

トクトクキャンペーン