ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

【服装・お風呂・保湿】ベビー&キッズの“秋冬の肌トラブル”を防ぐコツ

main-visual

朝起きると、ひんやりと肌寒さを感じるこの時季。

お子さまが風邪をひかないように「とにかく暖かくしてあげないと!」と思ってしまいますよね。しかし、過剰な防寒は汗でかえって冷えてしまったり、肌トラブルの原因になることも。

今回は、特に肌トラブルの増えるこの時期に、気をつけるべきお世話のポイントを「服装・お風呂・保湿」の3シーンに分けてご紹介します。

【服装】ベビーもキッズも汗っかき!調整できる“薄手の洋服”を重ねて

ベビーもキッズも汗っかきイラスト

子どもは暑がりで汗っかき。秋冬でも少し体を動かしたり、厚着や室内の暖房が原因ですぐに汗をかいてしまいます。「ちょっと目を離したら、髪の毛が濡れるほど汗びっしょり!」…なんてことも珍しくありません。

汗をかいたまま放置すると、肌荒れの原因になったり、濡れたシャツで体が冷えてしまうことも。まずはレッグウォーマーや腹巻きなどの過剰な厚着を避けて、室温や活動量(運動)に合わせて調整できる「重ね着スタイル」を心がけましょう。厚手のセーターやモコモコ裏地の服は、すぐに脱ぎ着して調整ができないので避けた方がベターです。

これが正解◎秋~冬の服装

ベビー秋冬服装

●肌触りのいい薄手の長袖シャツ

まずは、肌着の上に長袖のシャツを1枚。肌触りがよく汗の吸い取りもいい、綿素材などであれば、これが肌着替わりでもOKです。時季に合わせて枚数も調整しましょう。

●カーディガンやベスト

薄手のシャツの上から、すぐに脱ぎ着ができるカーディガンやベストなどをはおりましょう。1日の中でも気温の差が激しい秋や室内は暑いくらいに暖房が聞いている冬は、調整しやすいはおりものはとても重宝します。

●上下は別々の服に

赤ちゃんの時期はかわいいロンパースを着せてあげたくなりますが、上下のつながった服は、おなかの部分から熱がうまく放出できず暑くなってしまいます。生後4カ月以降はロンパースを避け、上下別々の服を着せてあげましょう。

●肌触りがよく、締めつけず、洗えるズボンをチョイス

まずは、肌着の上に長袖のシャツを1枚。肌触りがよく汗の吸い取りもいい、綿素材などであれば、これが肌着替わりでもOKです。時季に合わせて枚数も調整しましょう。肌のためには、ズボン選びも大切。シャツと同じように肌触りのいいものを選びましょう。タイトなデザインで体を締めつけるものではなく、ゆったりデザインがおすすめ。また、ベビーやキッズの服はすぐに汚れるので、ご家庭で簡単に洗えるものを選びましょう。

●室内ははだしでOK!

足先は、大事な熱の放出部分。お出かけのとき以外は、1年中はだしでOKです♪

●モコモコ帽子、レッグウォーマー、腹巻きは必要ありません

モコモコ帽子、レッグウォーマー、腹巻きなどを着せると、暑くなりすぎて蒸し焼き・あせもの原因となってしまいます。真冬でもこれらは必要ありません。

【お風呂】長湯・熱いお湯にはご注意を!

肌の角層イラスト

もうひとつ、「あたためすぎ」に注意したい場面が、“毎日のお風呂”。熱すぎるお湯はただでさえ少ない赤ちゃんやキッズの肌のうるおい成分を奪ってしまいます。我が子が寒くないようにと湯温をあげたり長時間湯船につからせると、肌はどんどん乾燥してしまいます。

子どもはすぐにポカポカと体の芯まで温まります。そして、子どもには“冷え性”もないので大丈夫。それよりも、肌の乾燥しないお風呂の入れ方に気をつけましょう。

これが正解◎ベビー&キッズのお風呂の入れ方

ベビー&キッズお風呂

●お湯は38~39℃で温めすぎないように

子どもは38~39℃のお湯で、湯船に入れるのは3分くらいにしましょう。冷えが心配な方は、脱衣所やリビングなど、お風呂上がりにケアする部屋を暖めておくのがおすすめです。

●ふわふわ泡で、手を使って洗います

デリケートな肌には、ガーゼやスポンジでこするのは刺激が強すぎて、肌荒れや乾燥を招きます。肌はこすらず、フワフワの泡を転がすようにして手で洗ってあげましょう。

ゴシゴシこすらなくても、キメ細かい泡の洗浄力で汚れは落ちます。汚れがたまりやすい関節やおしりのシワも広げて、泡をつけて洗いましょう。

\うるおいを守って洗う、おすすめ洗浄料/

ママ&キッズ ベビー全身シャンプーフレイチェ

【0~3歳ベビーに】
ママ&キッズ ベビー全身シャンプーフレイチェ

植物由来の弱酸性ボディシャンプーが肌のうるおいはキープしたまま不要な汚れをしっかり落とします。目や口に入っても大丈夫なので、新米ママでも安心!また洗浄成分が肌に残らないように、泡切れにもこだわっています。

ママ&キッズ キッズフェイス&ボディホイップ

【4~10歳キッズに】
ママ&キッズ キッズフェイス&ボディホイップ

汚れやすいのに乾燥してデリケートなキッズ(4歳~思春期前)の肌をやさしくきれいに洗います。目にしみにくい弱酸性アミノ酸タイプで泡切れも抜群。モコモコの泡が出て、キッズが自分で顔や体をきちんと洗いやすいタイプです。

ママ&キッズ ベビー全身シャンプーフレイチェ

【特に肌が乾燥しやすい子に】
ママ&キッズ オリゴボディホイップ

乾燥肌におすすめの泡状しっとりボディシャンプー。 家族みんなで使える大容量タイプです! 塩素刺激から肌を守る桃の葉エキスを配合。 エクストラオリゴキュアが肌本来のうるおいを高め 健やか肌に導きます。

※どれも大人も一緒にお使いいただけます

●赤ちゃんから頭はヘアシャンプーを使って

頭は皮脂が盛んで、唯一こすって洗っていい部分。しっかり皮脂を落とさないとトラブルやニオイの原因となるので、赤ちゃんから毛量に関わらず頭専用のヘアシャンプーを使って、指の腹でゴシゴシ洗ってあげましょう。

ママ&キッズ ベビーヘアシャンプー

【0~3歳ベビーに】
ママ&キッズ ベビーヘアシャンプー

赤ちゃんの頭皮の汚れや余分な皮脂を、やさしく洗いあげるヘアシャンプー。リンス成分不使用なのに、細くてからまりやすい赤ちゃんの髪もしっとり。目や口に入ってももちろん大丈夫です。使い心地と泡切れの早さにもこだわりました。

ママ&キッズ キッズヘアシャンプー

【4~10歳キッズに】
ママ&キッズ キッズヘアシャンプー

頭皮の汚れや汗のニオイを、きちんと落としながら、保湿成分が地肌のうるおいをキープしてくれるキッズ用ヘアシャンプー。敏感肌の大人のシャンプーとしてもおすすめです。

ママ&キッズ オリゴモイストシャンプーHS

【頭皮が乾燥・荒れやすい子に】
ママ&キッズ オリゴモイストシャンプーHS

肌育研究の視点から生まれた、家族で使えるママ&キッズオリゴのヘアケアが、理想の頭皮環境に 導くタイプにグレードアップ! 頭皮と髪を健康に整えながら、強く美しい髪へと育てます。

●お風呂上がりは5分以内に保湿ケア!

あわただしいお風呂上がりですが、体を拭いたらすぐに保湿ケアをすることが大切です。入浴後10分を過ぎると急激に肌が乾燥するので、できるだけ入浴後5分以内に全身保湿ケアを行いましょう。

角質の水分量と入浴後の時間グラフ

【保湿】アイテムは「クリーム」に切り替え&朝の保湿が大切です!

ベビーとクリーム

空気の乾燥が厳しく、一気に肌トラブルが増える秋~冬。ただでさえ乾燥しがちな子どもの肌は一段とうるおい不足で、乳液タイプだと物足りないことも。秋になると衣替えをするように、スキンケアも乳液タイプからより保湿力の高いクリームタイプに切り替えるのがおすすめです。

\これでモチモチ♡おすすめクリーム/

ママ&キッズ ベビーミルキークリームお得用サイズ

【0~3歳ベビーに】
ママ&キッズ ベビーミルキークリームお得用サイズ

生まれてすぐから使える毎日の全身ケアに使える乳状クリームです。ママの胎内環境をお手本に、赤ちゃんの肌を守るために必要な保湿成分をたっぷりと配合。乾燥シーズン、カサカサしやすい肌にうるおいを与え、しっとり肌を維持します。

ママ&キッズ キッズミルキークリーム

【4~10歳キッズに】
ママ&キッズ キッズミルキークリーム

キッズ(4歳〜思春期前)の毎日の全身ケアに使える、べたつかないのにしっかりうるおう乳状クリーム。皮脂量が少なく、乾燥しやすいキッズの肌をしっとりすこやかに整えると同時に、ほこりや汚れなどの外的刺激からガードします。※仕上げは大人の方がぬり残しチェックをお願いします。

ママ&キッズ オリゴモイスチャークリーム

【特に乾燥肌・荒れやすい子に】
ママ&キッズ オリゴモイスチャークリーム

肌なじみがよくコクのあるとてもしっとりクリーム。うるおいベールが肌を乾燥から守り、5種のセラミド、エクストラオリゴキュアなどの保湿成分が肌あれ、乾燥をくりかえしにくい基肌づくりにアプローチ。敏感肌、超乾燥肌をしっとり肌に導きます。

「朝の保湿」「こまめな保湿」が肌トラブル予防のカギに!

キッズの保湿

「お風呂上がりは早めに保湿を!」とお伝えしましたが、朝は保湿ケアを行っていますか?

朝の保湿ケアも、実はとても重要!朝、全身の肌のうるおいを補給してバリア機能を高めることで、その日一日の刺激から肌を守ることにつながります。顔も体もしっかりクリームをぬりましょう。

また、汚れを拭いたり、うんちやおしっこをキレイにしたり、風にさらされたり、服でこすれたりするだけでも、肌のうるおいは奪われます。乾燥が気になるときはいつでも保湿ケアをしましょう。

おわりに

今回は、秋冬のベビー&キッズのお世話のポイントを、「服装編」「お風呂編」「保湿編」にわけてご紹介しました。服の着せ方が肌荒れとかかわっているなんてと、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

肌トラブルが急増する秋~冬ですが、ちょっとお世話のポイントをおさえるだけで、その危険はぐっと減らすことができます。早速今日から取り入れてみてくださいね♪

 

こんな記事も読まれています

関連商品

ママ&キッズ

ベビー全身シャンプーフレイチェ
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

キッズフェイス&ボディホイップ
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

オリゴボディホイップ
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

ベビーヘアシャンプー
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

キッズヘアシャンプー
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

オリゴモイストシャンプーHS
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

ベビーミルキークリームお得用サイズ
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

キッズミルキークリーム
詳しくはこちら >

ママ&キッズ

オリゴモイスチャークリーム
詳しくはこちら >

カテゴリ一覧バナー

ナチュラルサイエンスTOP > ベビー(赤ちゃん)コラム > スキンケア:ベビー(赤ちゃん) > 乾燥肌・敏感肌のスキンケア:ベビー(赤ちゃん) > 【服装・お風呂・保湿】ベビー&キッズの“秋冬の肌トラブル”を防ぐコツ

トクトクキャンペーン