ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

アレルギー予防や対策には「新生児からのスキンケア」が大切です

生まれてすぐからのスキンケアが、アトピー性皮膚炎の発症率を下げるのをご存知ですか?ベビースキンケアの重要性は、小児の肌のスペシャリストの皮膚科専門医や、産院の先生方が20年以上前から言われ続けています。

新生児からのスキンケアは食物アレルギーなどの予防になります!

今回2014年5月に開催された「日本アレルギー学会」にて、「新生児からのスキンケアがアトピー性皮膚炎の予防につながる」という発表がありました!

内容は・・・

●アトピーは乾燥などで肌のバリア機能が乱れることで起こると考えられている
●ワセリンだけを乾燥した部分に塗るよりも、全身に保湿をした子の方がアトピー発症率が3割減少する
●毎日スキンケアをして肌のバリアを育てることが、肌からアレルゲンが体に入ることを防ぎ、アレルギーの発症率も抑えられると考えられる
●アトピーは食物アレルギーやぜんそくの発症のきっかけとなるので、新生児からの予防が重要

とのこと。

皮膚をすこやかに保つために新生児からのスキンケアをすることの重要性は、皮膚科の先生の中ではすでに広まっています。今回、アレルギー予防の観点から見ても保湿ケアの重要性が認められたというのは、大変うれしいことです!

さらに、今回の発表は全国版の新聞でも取り上げられました!!

朝日新聞(2014年5月9日朝刊)

ベビースキンケアの重要性が広まり、すこやか肌ベビーが増えていくと本当に嬉しいです!

ナチュラルサイエンスでもベビースキンケアを広める活動をしています
実は、ナチュラルサイエンスでも、「生まれてすぐから保湿ケアをして、肌トラブルを防ごう」と、ママ達に日々お伝えしています。私たちはこの活動を「基肌育(きはだいく)」と呼んでいます。

今回の発表で、ベビースキンケアの重要性が社会的に広まって、今よりもっと子どもたちの肌トラブルが減ってくれるようになると期待が膨らんでいます。

これからも「基肌育」を広める活動をしていこうと気合い十分です!!
ぜひみなさんも、まわりのママ達に、ベビースキンケアがいかに大切かを一緒に広めてください。よろしくお願いします。

【基肌育についての詳細はこちら】
https://www.natural-s.jp/kihadaiku/

     

ナチュラルサイエンスTOP > ベビー(赤ちゃん)コラム > スキンケア > アレルギー予防や対策には「新生児からのスキンケア」が大切です

トクトクキャンペーン