ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

【子どものカユカユ・ひび割れ肌に】スキンケア方法を見直して、冬のカサカサ肌を撃退しましょう!

main-visual

「今年の冬はあたたかい」なんて言われていましたが、グンと冷え込んできました。お子さまのお肌の調子はいかがですか?

「ケアしても、ほっぺの赤みやガサガサが全然よくならない」
「足首やひざがひび割れてしまっている!」
「いつもボリボリかいていてかわいそうになる・・・」

なんて、お悩みの方も多いのでは?
もしかすると、冬のガンコな乾燥肌を防ぐには、スキンケアが足りないのかもしれません。お子さまがかゆみや乾燥を気にせず楽しく過ごせるよう、ここで冬のベビー&キッズのケア方法を見直してみましょう♪

冬の肌を守る!スキンケアアイテムの選び方&おすすめテクニック

冬のスキンケアの見直しポイントとして、まずはアイテムを見直してみましょう。しっかりケアしているのにこんな症状が出ていたら、アイテムの切り替えが必要かもしれません。

【こんな使い方がおすすめ】

@肌を触るとサラッとしている
A足首など関節部分の赤みや切れがある
B肌が白く粉をふいている
C無意識に肌をかいていることが多い
Dほっぺが赤くなっている

冬のケアは、「基本のクリーム+便利オイル」が正解◎

特に肌が乾燥する冬は、乳液よりもクリームがおすすめです。1本で水分も油分もバランスよくチャージすることができ、モチモチの肌を長時間キープすることができます。

「ママ&キッズ ベビーミルキークリーム」は、のびがよく使いやすい低刺激クリーム。ささっとケアが完了するのに、肌はしっとりモチモチに♪その効果と使いやすさから、クチコミNo.1も受賞している先輩ママお墨つきのクリームです。

【先輩ママの感想】

新生児からずっと愛用。保湿力が高いからか、乾燥肌だけど肌荒れしたことがなくむしろすべすべに拍車がかかるのを実感。ガサガサも引いてくるので助かってます。おしりのかきむしり対策にも使っています。安心な成分も魅力的です。
(ヤギままさん・31歳)

生まれたときからずっとこれでお肌ツルツルです!すっとなじむのでベタベタしないで時短ケアできます。肌トラブルもなく気に入っています。3歳の今では自らポンプを押してお風呂上がりにケアしてます。
(ママ餅さん・36歳)

>ベタつかず、冬もモチモチ肌に♪ベビーミルキークリームの詳細はこちら

時短ケアやベビーマッサージがカンタンに♪おすすめプラスワンアイテム

クリームと一緒にぜひ取り入れてほしいのが、サラッと使いやすいのに保湿力が格段にアップする優秀オイル。

「ママ&キッズ ベビースクワランオイル」は、肌にもともと存在する成分「スクワラン」を99.9%と高純度に精製した低刺激オイルです。これ1本で、クリームの保湿力&使いやすさがさらにアップ!そして、ベビーマッサージはもちろん、パパやママも一緒に使えるとても便利なアイテムです♪

>ママ&キッズ ベビースクワランオイルを詳しく見る

オイル活用術1:クリームに混ぜたり、ケアの仕上げに

クリームに混ぜて使えば、のびがよく全身ケアがカンタンに♪今まで乳液でケアしていて、クリームに使いにくさを感じている方にとてもおすすめです。すーっとのびがよくなり、保湿力も格段にアップ!もちろん、クリームの後にオイルを重ねるのもOKです。

オイル活用術2:ベビーマッサージで赤ちゃんとのコミュニケーションに

ベビーマッサージは、お互いの肌と肌が密着するスキンシップ。目と目を合わせてマッサージを行うことで赤ちゃんの情緒が安定し、ストレスホルモンが減少することなどが証明されています※

ベビースクワランオイルは、安心安全の成分だから、毎日のベビーマッサージにもピッタリ♪ベビーマッサージで、親子の絆とすこやか肌を育ててみては?

【おすすめ関連記事】
「愛着形成の効果も♪ ベビーマッサージで、親子の「こころ」を育てましょう」
https://www.natural-s.jp/baby/skin-care/dry-skin/1113-baby-massage/

※Field TM, et al. Massage therapy for infants of depressed mothers. Infant Behavior and Development. 1996; 19:107-112

オイル活用術3:ママの美容オイルとして

美肌効果抜群のオイルは、ママのケアにも大活躍♪乳液やクリームに混ぜてよりしっとりとした仕上がりにしたり、リキッドファンデーションに混ぜてツヤをアップさせて粉ふきを予防したり・・・。乾燥肌の方は、クレンジング料に混ぜて肌のつっぱりを予防するのもおすすめです。

オイル活用術4:髭そり後の顔や、指先にも♪家族みんなのケアに

ベタつきを気にせず使えるオイルなら、普段スキンケアに慣れていないパパや、ぬった後にすぐに使う指先のケアにも使いやすい♪1本あると、家族みんなで使えて重宝すること間違いナシです。

【こんな使い方がおすすめ】

・パパの髭そり後の粉ふきフェイスに
・カサカサ頭皮のシャンプー前のマッサージに
・指先・爪のささくれ、ひび割れ予防に
・おじいちゃん・おばあちゃんのコチコチかかとに
・鼻をかみすぎてヒリヒリする顔に
・そのほか乾燥が気になる部分はどこでもOK♪

>1本あると大活躍! ベビースクワランオイルを詳しく見る

アイテム選びの後は、ケア方法も見直しを!

赤ちゃんはもちろんキッズも、思春期まではまだまだ肌が未熟で成長途中。大人よりも水分も油分も少なく、1年中とても乾燥した状態です。

特に冬は、全身カサカサ状態!お風呂上がりのみの1日1回のケアでは、十分なうるおいをキープすることができません。

次のポイントを参考に、今日から冬のスキンケアを見直してみましょう!ちょっとポイントをおさえるだけで、肌の状態はガラッと変わります♪

冬のスキンケアポイント1:まずは「お風呂」の見直しを

まずはお風呂の入り方のチェックが大切。

冬は湯船でゆっくり温まりたくなりますが、熱いお湯での長湯は、ただでさえ少ない肌のうるおい成分が溶け出してしまいます!

子どもは38~39℃のお湯で、湯船に入れるのは3分くらいにしましょう。冷えが心配な方は、脱衣所やリビングなど、お風呂上がりにケアする部屋を暖めておくのがおすすめです。

冬のスキンケアポイント2:うるおいを守って、汚れはすっきり落とします

お風呂では、顔や体の洗い方も要チェック。デリケートな肌には、ガーゼやスポンジでこするのは刺激が強すぎます。肌はこすらず、フワフワの泡を転がすようにして手で洗ってあげましょう。

ゴシゴシこすらなくても、キメ細かい泡の洗浄力で汚れは落ちます。汚れがたまりやすい関節やおしりのシワも広げて、泡をつけて洗いましょう。

>プッシュするだけでフワフワ泡♪ 赤ちゃんから使える低刺激洗浄料はこちら

頭は皮脂が盛んで、唯一こすって洗っていい部分。しっかり皮脂を落とさないとトラブルやニオイの原因となるので、頭専用のヘアシャンプーを使って、指の腹でゴシゴシ洗ってあげましょう。

>皮脂もにおいもスッキリ◎おすすめの低刺激ヘアシャンプーはこちら

冬のスキンケアポイント3:お風呂上がりは5分以内に保湿ケア!

あわただしいお風呂上がりですが、体を拭いたらすぐに保湿ケアをすることが大切です。入浴後10分を過ぎると急激に肌が乾燥するので、できるだけ入浴後5分以内に全身保湿ケアを行いましょう。

保湿のポイントは「こすらず、たっぷりと」。せっかくケアをしていても、ぬる量が少なければ十分な効果は得られません。また、たっぷり使うことで肌をこすって傷つけることなくケアが完了します。

冬のスキンケアポイント4:朝の保湿はとても大切! チョイ足しはいつでもOK♪

お風呂あがりと同じように、朝も全身保湿ケアを行っていますか?

朝の保湿ケアは、実はとても重要。肌のうるおいを補給してバリア機能を高めることで、その日一日の刺激から肌を守ることにつながります。顔も体もしっかり保湿剤をぬりましょう。

また、汚れを拭いたり、うんちやおしっこをキレイにしたり、風にさらされたり、服でこすれたりするだけでも、肌のうるおいは奪われます。乾燥が気になるときはいつでも保湿ケアをしましょう。

おわりに

今回は、冬のベビー&キッズのスキンケア見直し方法をご紹介しました。「スキンケアしても、全然良くならない!」と諦める前に、毎日のアイテムとケア方法を見直してみましょう。少しの工夫でモチモチ肌に♪さらに気温が下がって空気も乾燥する前に、冬のスキンケアのポイントをおさえてみてはいかがでしょうか?

紹介アイテム
ミルキークリーム、スクワランオイル、全身シャンプー、ヘアシャンプー