ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

妊娠中の「ウォーキング」は妊婦さんにとってメリットがいっぱい♪

「安定期に入ったら、ウォーキングなど軽い運動を習慣にしましょう」とよく聞きます。でも、妊娠中っていろんな不安があり、何に気をつけてどのくらいウォーキングをすればいいか悩んでしまうもの。ここで妊娠中のウォーキングの基本を押さえておきましょう。

ウォーキングは、妊婦さんにとってメリットがいっぱい!

妊娠中のウォーキングには、実はいろんなメリットがあるのです♪

●体力・持久力づくり

お産は長時間痛みに耐える持久戦。毎日のウォーキングで無理なく体を動かすことで体力・持久力がつきますし、お産の時に必要な骨盤まわりの筋肉を鍛えることにもなります。

●体重管理

妊娠中期以降は、つわりも終わりママの食欲がグンと上がる時期。勢いのままに食べて、健診で「体重が増えすぎ!」と怒られてしまう方は少なくありません。毎日の運動でしっかり体重管理をすることが重要です。

●血行促進

ウォーキングは有酸素運動で、体の血行をよくすることができます。妊婦さんに多い肩コリや腰痛、便秘、むくみの解消にも効果があります。

●気分転換

妊娠中は急激な体の変化や未知のお産に対して、どうしても不安がつのってしまいます。家にこもりきりだと不安が大きくなってしまいますが、外で体を動かすことで気分もスッキリします。

16週以降、お医者さんのOKが出たらウォーキングをスタート!

妊娠初期のつわり中は、体調も不安定で安静にしていることが大切です。つわりも落ち着いた16週頃が、ウォーキングを始めるのに最適な時期。ただし、切迫早産などの危険のある人は、運動はNGです。念のためお医者さんに許可をもらってから始めましょう。

無理は禁物!距離や時間は気にしすぎず体調に気を配って

妊娠中のウォーキングの目安としては30分~1時間くらいと書かれていることが良くあります。ですが、ウォーキングは必ず○○分、○㎞歩かないといけないという事はありません。妊娠周期や体調によって、いつもと同じペースでも辛いことがあります。スッキリ気持ちいいと思える範囲で行いましょう。

また、おなかが痛い、おなかが張っている、体調に違和感があるときは、無理はせずその日は中止に。途中で体調に変化が出たときもすぐに休憩し、帰りはバスを使うなどの対応をしましょう。

ウォーキング時は、これだけは持って行って

妊娠中はとても体調が変わりやすい時期。もしもの時のために、保険証と母子手帳、携帯電話は必ず持って行きましょう。また、水分も不足しやすいため飲み物もあるとGOODです。

UV対策もお忘れなく!

妊婦さんはホルモンの影響で、とてもシミができやすくなっています。必ず日焼け止めを塗ってから出かけましょう。熱い時期は、帽子やサングラス、日傘などを身につけるのもおすすめです。
>妊婦さんや赤ちゃんにおすすめ◎低刺激日焼け止めの詳細はこちら

以上に気をつけて、ウォーキングをぜひ始めてみてくださいね♪

赤ちゃんから使える低刺激な日焼け止め・UVケア

関連商品

ママ&キッズ

UVライトベール
詳しくはこちら >

カテゴリ一覧バナー
     

ナチュラルサイエンスTOP > マタニティ(妊娠中/産後)コラム > 生活・過ごし方 > 運動・ヨガ > 妊娠中の「ウォーキング」は妊婦さんにとってメリットがいっぱい♪

トクトクキャンペーン