ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

妊娠中、パパはこうやってママをサポート!

妊娠中の奥さまのいるパパ。「自分は家事も苦手だし、何もできることがない」と思っていませんか?実は、ちょっとしたパパの配慮が、ママの心と体をリラックスさせてくれるもの。今回は、助産師さんに聞いたパパによる妊婦さんサポート方法をご紹介します♪

2人で何でもいっぱい話して、今後についてもいっぱい相談しましょう

初めての妊娠は喜びとドキドキとともに妊婦健診が始まり、産院選びが始まり、準備品もチェックしつつ運動も取り入れ…とにかくママは忙しいもの。そんな中、赤ちゃんがちゃんと育つか不安になったり、ホルモンの影響で感情が不安定になったり、行動や食事に制限が出たり…と、ママはなにかとストレスを溜めがちです。

そんなママの愚痴を聞いたり、話し相手になってあげるのがパパの大きな役目。意識してゆっくりママとおしゃべりをする時間をつくりましょう。また、育児や準備品についても一緒に話し合うことで、ママの孤独やストレスが軽減するだけでなく、パパも親になる自覚が育っていきます。

肩に手を置いてあげて、頭痛や肩コリをケア

妊婦さんは大きくなるバストやおなかの重みで肩がこったり、姿勢が悪くなって頭痛が起きることが多々あります。そんな症状のあるママには、パパの手をそっと肩に添えてあげましょう。これだけでも肩がじんわりとあたたまって血流もよくなり、症状改善につながります。ママの気分もゆったりリラックス♪

ママと一緒に赤ちゃんに声をかけてあげましょう

子どもが生まれるまでの妊娠期間は、どうしてもママは自分だけで赤ちゃんを育てているように思いがち。でも、赤ちゃんはパパとママで育てていくものです。後ろからそっとママを支えてあげるような姿勢で、おなかの赤ちゃんに話しかけてあげましょう。8か月頃になると、赤ちゃんの聴覚も発達しているので、パパの声もしっかり届いていますよ。ママも1人で頑張っているストレスが軽減し、体をやさしくいたわってくれるパパにも感謝の気持ちが生まれるはず。

大きくなるバストもこっている!ゆすってあげるだけでもコリがほぐれます

妊娠中にグンとサイズアップするバスト。ブラジャーや衣服の締めつけで血行が悪くなり、意外と凝っているもの。乳房全体をやさしく上下や左右にゆすってあげるだけでも血流がよくなり、体が楽になります。ママに力加減を聞きながら、コリを癒してあげましょう。ただし乳頭を触るとおなかが張ることがあります。乳頭は触らないようにしてくださいね。

「何もできない」と思って何もしないのではく、「何かできないかな?」とママを気遣ってあげてくださいね。

     

ナチュラルサイエンスTOP > マタニティ(妊娠中/産後)コラム > 生活・過ごし方 > その他 > 妊娠中、パパはこうやってママをサポート!

トクトクキャンペーン