ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

妊娠中の飲み物は?妊婦さんが注意すべきドリンク・飲料

妊娠したらカフェインの摂りすぎは避けた方がいいのは知っている方が多いですが、コーヒーだけ気をつければいいと思っていませんか?ここで一度、妊娠中に気をつけたい飲み物のポイントをおさえておきましょう。

カフェインはコーヒーよりも玉露に多い!?

実はコーヒーよりもカフェインを多く含んでいるのが、玉露。おなじく抹茶にも多く含まれています。また、量はコーヒーほどではないにしろコーラや栄養ドリンク、煎茶などにもカフェインは含まれます。摂取量に注意しましょう。

ジュースや炭酸飲料の「糖分の摂りすぎに」にご注意を

ジュースを大量に飲むのは、糖分の摂り過ぎになるので気をつけましょう。特に炭酸飲料は甘みが感じにくいため、砂糖が多め。暑がりになる妊娠中、特にこれからの季節は水分を多く摂るようになりますが、ジュースのがぶ飲みは避けましょう。

フルーツも糖分多め。フルーツジュースの摂りすぎに気をつけて

同じく糖分の摂りすぎにならないよう気をつけたいのが、フルーツジュース。ご家庭でフルーツジュースやスムージーを作る方も多いのでは?フルーツにはビタミンなど栄養が豊富ですが、意外と糖分(果糖)が多いもの。ジュースだと噛まないので、うっかり摂りすぎてしまう事も多いため注意しましょう。片手にこんもり載るくらいのフルーツが、1日の摂取量の目安です。

「スポーツドリンクなら体にいい!」というわけではありません

スポーツドリンクは体にいいイメージを持つ方も多いですが、スポーツ飲料は熱中症予防や下がってしまった血糖値を上げるのに効果的なドリンク。妊婦さんは血糖値が上がりやすいので、普段の水分補給に飲み続けるのには適していないと言えるでしょう。飲んではいけないものではないですが、水の代わりに飲むのはやめましょう。

ハーブティはお店の人に相談を

ハーブティの中には、妊娠中に積極的には飲まない方がいいものもあります。お店の人に妊娠中であることを伝え、相談して選ぶようにしましょう。しっかり選べばミネラル補給やリラックスに効果的です。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

     

ナチュラルサイエンスTOP > マタニティ(妊娠中/産後)コラム > 生活・過ごし方 > 食事 > 妊娠中の飲み物は?妊婦さんが注意すべきドリンク・飲料

トクトクキャンペーン