ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

服も下着も靴ももう迷わない!妊婦さんの服装はこれがおすすめ◎

どんどんサイズアップするおなかや胸。今までの服が入らなくなり買い替えるときになって、「どんなものを選べばいいの?」と迷ってしまう方も多いのでは?今回は特に中期・後期妊婦さんにオススメしたい、服・下着・靴の選び方をご紹介します!

服はおなかを締めつけない&吸水性の良い素材のものを

おなかを締めつけない、ゆったりとした服を選ぶのが大切ですが、見落としがちな「素材」にも気を配ると◎です。

妊婦さんは肌が乾燥して、刺激に敏感になります。衣服がこすれるのも肌にとっては刺激になるので、肌触りがよくやわらかい布素材の服を選びましょう。布素材だと汗も吸い取りやすいので、汗をかきやすくなる妊婦さんには特にオススメです。パジャマなどはタオル地のものもOK。

冷えには注意!春夏も下半身を冷やさないように気をつけて

これからどんどん暖かくなりますが、妊婦さんは体の冷えにご注意を。顔や上半身がほてったように感じる方も、意外と下半身は冷えているもの。冷えはむくみやおなかの張り、さらには難産の原因にもなります。サンダルなどは避けて靴下を履く、スカートのときはタイツを履く、レッグウォーマーをつけるなど、特に下半身を冷やさないように注意しましょう。

下着選びは「肌触り・通気性・サイズ」がポイント!

衣服と同じように、下着は肌触りがよくやわらかい素材のものがオススメです。また、妊婦さんは汗っかきになるので、サイズアップしたバストの谷間や下着部分に汗かぶれ・あせもができてしまう方が多くいます。通気性のよさも、下着選びの大切なポイントといえます。

また、どんどんバストがサイズアップするので大きめの下着を選びたくなりますが、ゆるいと敏感になった乳頭がこすれて傷つき、トラブルを起こすことも。ある程度しっかり乳房全体を固定できるものが最適です。

靴はカンタンに脱ぎ履きできるものに

おなかが大きくなってくると、靴を脱ぐのも履くのも一苦労。妊婦さんは、ボタンやチャックなどのない、簡単に脱ぎ履きできるものがいいでしょう。ヒールを避けてスニーカーを選ぶ方も多いですが、靴ひもはほどけていてもおなかで見えない&結び直しも大変という意外な弱点が。スニーカーももちろんOKですが、靴ひものないタイプだとさらにいいでしょう。

ヒールは絶対NGではない!?3cm以下のローヒールは、意外とオススメ◎

妊婦さんは、ハイヒール・ピンヒールはもちろん避けた方がいいですが、実は3cmくらいのローヒールは意外とオススメ。

おなかが大きく出っ張ってくると、からだの重心が少し後ろの方に傾いてきます。この状態だとふんぞり返ったようになり、股は開き気味で歩くようになります。

この時に3cm位のヒールがあると、背筋がまっすぐ伸びて体の重心が前の方にうつり、歩くときに腿(もも)の内側に力が入るようになります。すると股の筋肉にも力が入り、股の運動・筋力UPにつながります。安産のためには股の筋肉を鍛えておくのはとても大切なので、ぜひ覚えておいてくださいね。もちろん、少しでもヒールがあると不安、なんだか歩きにくいという方は無理に履かなくてもOKですよ。

     

ナチュラルサイエンスTOP > マタニティ(妊娠中/産後)コラム > 生活・過ごし方 > ファッション・服装 > 服も下着も靴ももう迷わない!妊婦さんの服装はこれがおすすめ◎

トクトクキャンペーン