ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

太りすぎも太らなすぎもNG!妊婦さんの理想的な体重増加とは

妊娠すると、体重が増えるのは当たり前のことです。でも、初めての妊娠だと、どのくらい増えていいものかわからないですよね。実は、太りすぎも太らなすぎも危険!適切な体重管理のために、理想の体重増加量を知っておきましょう。

妊娠中は赤ちゃん、羊水、子宮、血液…などのぶん体重が増加します

「赤ちゃんが3kgぐらいなんだから、3kg増えればOK?」なんて思っている人も多いのでは?妊娠すると、赤ちゃん自体のほかにもいろいろな体の変化により、体重が増加します。血液量ひとつ例にとっても、通常時の約1.5倍にもアップ!

【妊娠中の体重増加の内訳】

・赤ちゃん…約3㎏
・胎盤・羊水…約1㎏
・子宮…約1㎏
・そのほか血液やおっぱい、脂肪など…約3~4㎏

と、おおよそで10kgくらい増加すると言われています。もちろん、これは目安。実際は妊婦さんの身長や妊娠前の体重によって異なります。

体重は増えすぎも増えなさすぎもNG!

「小さく産んで大きく育てるのがベスト!」もしくは、
「赤ちゃんのために二人分食べなきゃ!」なんて思っているママはいませんか?

…実は、どちらも不正解。妊娠中は太りすぎも太らなすぎも、それぞれリスクがあります。母子ともに健康出るには、適切な範囲での体重増加が必要です。

【妊娠中の体重増加が著しく少ない場合のリスク】

貧血、早産、低出生体重児、子どもの将来の生活習慣病 など

【妊娠中の体重増加が著しく多い場合のリスク】

妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、分娩時の出血多量、巨大児、帝王切開分娩 など

適切な体重管理は、妊娠前のBMIを知ることから!

妊娠中の適切な体重管理は、妊娠前の身長・体重をもとに、自分のBMIを知ることから始まります。

BMI(㎏/㎡)=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)
例)体重55㎏、身長158㎝の人なら、55÷1.58÷1.58=22.03となります。

BMIによる、適切な体重増加範囲は次の通りです。

おなかの赤ちゃんに必要なエネルギーや栄養素は、すべて胎盤を通して母体から送られます。また、母体にも適度なエネルギーとバランスの良い栄養素が大切です。栄養バランスを考えた食事をしっかりとって、適切な体重管理を心がけましょう♪

     

ナチュラルサイエンスTOP > マタニティ(妊娠中/産後)コラム > 健康 > 太りすぎも太らなすぎもNG!妊婦さんの理想的な体重増加とは

トクトクキャンペーン