ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

肌トラブルの多い季節!こんなタイミングにも保湿ケアを

グンと寒くなると同時に一気に空気が乾燥し、肌トラブルが増える季節。お風呂あがり1回だけのケアでは、保湿ケアは不足しがちです。こんなタイミングに保湿を取り入れて、カユカユ知らずのすこやか肌を育ててあげましょう♪

朝の保湿が1日の刺激から肌を守ります

まずは夜の保湿と同じくらい重要な、「朝の保湿ケア」。朝しっかり全身を保湿してあげることで、1日の刺激から肌を守ってあげることができます。朝は顔を拭く、お着替えをする、全身保湿ケアをする、までを3点セットで習慣にしましょう。

鼻をかんだら、その都度うるおい補給を!

風邪がはやり、鼻水をかむことも多い季節。ティッシュで何度も鼻をふいていると、ベビーやキッズのデリケートな肌はすぐにカサカサ・ヒリヒリになってしまいます。鼻をかむたびに保湿をして肌トラブルを防いであげましょう。ティッシュに保湿剤をつけてかむと、ティッシュによる刺激を軽減することもできます。

お出かけ前も、顔や手に保湿剤を塗って

冷たい風が吹く冬のお外は、肌にとって過酷な状況。風にずっとさらされる顔は、肌トラブルを起こしがちです。外出前もしっかり保湿剤を塗って、肌をしっかりうるおいでガードしましょう。また、外出後もうるおい補給を忘れずに♪

オムツ替えは、デリケートなおしりまわりをケアするチャンス!

オムツの中で蒸れたおしりにおしっこやうんちがつくと、それが刺激となり肌トラブルを引き起こしてしまいます。オムツ替えの度に保湿をして、肌を刺激から守ってあげましょう。おしりをふいた後、仕上げとして新しいウエットティッシュに保湿剤をつけて拭いてあげると、ササッとケアが完了しますよ。

汗をかいたら「やさしく拭いて保湿」を忘れずに

暑がりで汗っかきなベビーやキッズは、睡眠中や暖房のきいた部屋に入ったりすると、冬でも汗をかいてしまいます。こまめに背中の中に手を入れて、暑がっていないかチェックしてあげましょう。汗をかいていたら、放置は厳禁。汗は肌の刺激となるので、やわらかい濡れタオルかウエットティッシュで肌をこすらないように拭いて、そのあとしっかり保湿をしてあげましょう。

こんなポイントに気をつけて、しっかり保湿をしてあげてくださいね♪

     

ナチュラルサイエンスTOP > ベビー(赤ちゃん)コラム > スキンケア > 肌トラブルの多い季節!こんなタイミングにも保湿ケアを

トクトクキャンペーン