ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

2017年

main-visual

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。新年幕開け第一号のブログとなりますが、年末のお話を少し…f^_^;

Xmas特別企画!20組限定のイベント。ナチュラルサイエンスさんと赤すぐさん合同の基肌育講座が、クリスマス前に開催され、お邪魔してきました。

会場には抽選で選ばれました、20人のベビちゃん。その無垢な笑顔や泣き声に包まれている空間は、とーーーっても優しく幸せな気持ちになりました。

christmas-event-image

まず、赤すぐの担当者の方からご挨拶。そして、ナチュラルサイエンス・スキンケアアドバイザーの木村さんより、基肌育のお話が始まると、ママ達皆さん、うんうんとうなずいたり、我が子のお肌の状態を確認してみたり、モニターを見ながら、真剣に聞き入っておられました。

そして、一通り基肌育の説明が終わると休憩。その後は、ナチュラルサイエンスさんが、個々にお肌の悩みや相談をお受けし、実際にスキンケアを行って、ベビちゃんの肌の水分量等もチェック。その様子を見ながら、同じ月齢だった長女の時を思い出していました。(第一子という事もあり、少しの変化にも過敏に反応していたなぁ~と。)

magazine-image

そこで学んだ経験のお陰で、次女には生まれた時から、保湿~保湿~保湿~の基肌育!!正しいスキンケアのお陰で、3歳を迎えた今もトラブルなし!のツルピカ健やかモチ肌。会場で皆さんを拝見し感じた事は、やはりベビちゃんのお肌のトラブル、初めて気になるのは、乳児湿疹が現れた頃、またはヨダレが出始め、口の周りが赤く肌荒れを起こした時期なんだぁ~と。

経験された方は、分かると思います。

いや~肌トラブル起きてしまってからだと、中々治り辛い…。そして、我が子にステロイドを使用したくないという理由で、そのままにしてしまって、更に悪化。もぅ何が良くて何がいけないのか?分からなくなり、目の前で痒がる我が子を見て、可哀想で涙が溢れてしまう事も…

あたくし正にそうでした。今でも痒がっていた長女を思い出すとウルウル。体温コントロールも出来ない赤ちゃん。生まれてきた時は、胎脂に保護されています。が、それが取れてしまい生後3カ月頃から思春期を迎えるまで、ピタッとホルモンの分泌もとまってしまいます。皆さんも冬、乾燥したくちびるが、笑った瞬間にピキッと裂け血が出てしまった経験あるかと思います。ですから、リップクリームお持ちですよね?日々の炊事や家事等から、発症してしまう手のシモヤケにアカギレ、ハンドクリームを塗って少しのケアで予防されていませんか?

赤ちゃんも同じです!赤ちゃんのお肌に触れて、サラサラしていて気持ちいいっていうのは大間違い!!(>人<;) それは乾燥している証。触れるとピタッピタッと、つきたてお餅の様な張り付く感触!その状態が潤っている状態なので、こまめな保湿で、愛する我が子の健やかモチ肌を築いてあげて下さいませ~。

baby-image

食べたら歯磨き虫歯予防~と同じく、日々の習慣をつけてあげる事。3歳を迎える頃には自らスリスリ塗り塗り。我が家は、姉妹で塗り合いっこ。スキンケアを通して、我が子の健康バロメーターにもなっています。

正しいスキンケアで、2017年、1人でも多くのベビちゃんが、アトピーから守られ、ツルピカ健やかモチ肌で、笑顔溢れる幸せな日々を過ごせます様に…

SAWA

ナチュラルサイエンスTOP > ベビー(赤ちゃん)コラム > スキンケア > 2017年 (さわやかSAWAday)