ママとベビー&キッズのスキンケア情報満載

子どものうちからUV(紫外線)ケアをする3つのメリット

子どものうちからUVケアをする必要性がイマイチわからない、というママも多いのでは?「少し日焼けしていた方が健康的」「毎日子どもにも日焼け止めなんて面倒…」なんて思っているママ必見!子どものうちからUVケアをするのには、こんなにメリットがあるんです◎

紫外線は免疫力に影響!UVケアはカゼ予防にもなります

紫外線を浴びると体の免疫力が低下し、細菌やウイルスに感染しやすくなります。つまりカゼなどの感染症や体調不良の原因になることも。UVケアは単に日焼けを防ぐためだけでなく、健康のためにも重要といえます。

UVダメージを蓄積せず、ずっと若々しい肌をキープ!

UVダメージは、その場で真っ赤に日焼けするだけではありません。ほんのわずかな量の紫外線でも、そのダメージは肌に蓄積されます。今浴びている紫外線の影響が10年後、20年後シミやシワ、くすみなどのトラブルとして大きく表れることも!

一説では、一生で浴びる紫外線量の約6割を10代のうちに浴びると言われています。外で遊ぶ機会が多い子どもこそしっかりUVケアをして、将来の「光老化(紫外線ダメージによる肌の老化現象)」を防いであげましょう。

UVケアは乾燥などの肌トラブル予防にもつながります

紫外線は肌の角層から水分を奪い、極度の乾燥状態を作り出します。肌が乾燥すると表面にすき間ができ、そこから汗などの刺激物質が入り込みトラブルの原因に。紫外線対策は、肌の乾燥を防ぎ、大きな肌トラブルも防いでくれるという意味もあるのです。

UVケアは「赤ちゃんのうちから」が正解◎

このようにUVケアは単に肌が茶色くなるのを防ぐだけでなく、免疫力キープ、将来の肌悩みの予防、カサカサ肌や大きな肌トラブル予防にもつながるのです!UVケアは赤ちゃんのうちから始めるのが正解◎ぜひ今日から始めてあげてくださいね。

 
赤ちゃんから使える低刺激な日焼け止め・UVケア