乾燥肌

一年中カサカサ肌に悩んでいる人は、 スキンケア方法の見直しを

秋や冬の季節だけでなく、今や一年中、肌の乾燥に悩む人が増えています。 エアコンやストレスなど、肌を取り巻く環境は年々過酷になっていくばかり。 だからこそ、毎日のスキンケアで乾燥しにくい肌をつくることが大切です。 「きちんとケアしているのに」という人でも、実は間違った方法でお手入れしていることもあります。
今一度、乾燥肌のスキンケア方法とアイテムを見直してみましょう。

肌が乾燥するのはなぜ?

うるおっている肌

みずみずしく健康な肌は、角質細胞がレンガのように並び、肌内部の水分が蒸発しないように守っています。

乾燥している肌

乾燥して角質細胞に隙間ができると、うるおいが逃げやすくなるだけでなく、外的刺激が入り込みやすくなります。

健康な肌には、角層内部に15~20%の水分が含まれています。これが10%以下になった状態を、一般に「乾燥肌」と呼びます。ではなぜ、肌は乾燥するのでしょうか?

その大きな要因は、エアコンや湿度の低下、紫外線・摩擦などによるダメージでバリア機能が低下するからです。ただし、人間の肌のいちばん外側には「角層」というバリアの働きをしている細胞層があり、肌内部の水分が蒸発しないように守り、また外的刺激が入り込まないようガードしています。ですから角層がすこやかな状態であれば、多少の環境の影響があっても肌はうるおいを保っていられるのです。

角層は、角質細胞がレンガ塀のように積み重なってできています。この細胞同士をセメントのようにつなぎとめているのが、セラミドやNMF(天然保湿因子)をはじめとする保湿成分。ただし、これらの成分は年齢とともに減少していくほか、ストレスや睡眠不足、紫外線などの外的刺激によっても減ってしまいます。また、間違ったクレンジングや洗顔も、肌のうるおい成分を奪う一因です。今こそ正しいスキンケアで乾燥肌からうるおいのある肌へ。

How To Care

“落とす”ステップはとにかくやさしく!

クレンジングや洗顔といった“落とすケア”は、思いのほか肌を傷つけているもの。とにかく肌をこすらないように、クレンジングはケチらずたっぷりと使い、洗顔料はしっかり泡立てて、手が直接肌に触れることがないように気をつけましょう。肌のうるおいを取り過ぎない、やさしい洗浄料を選ぶことも大事です。洗い流す際のお湯の温度は、ぬるいと感じるくらいが適温。熱すぎるお湯で、必要な皮脂まで流さないように注意してください。

洗顔時の泡の量は、テニスボール大が目安。泡をクッションにしてそっとなでるように洗ったら、人肌温度の流水で30回程度すすぎましょう。
  • オススメ クレンジングママ&キッズ
    クレンジングミルク
    たっぷりの美容液成分が
    うるおいモチ肌に導く
    125ml
    2,160円(税込)

    ミクロ分散したミルク洗浄成分がとろけるように肌になじみ、汚れをしっかり包み込んで浮き上がらせます。メイク汚れはもちろん、毛穴の奥の汚れや角栓もおだやかにオフします。お風呂でも使えるお手軽タイプ。

    商品情報を見る
  • オススメ 洗顔ママ&キッズ
    ムースマイルドソープ
    キメ細やかな泡の力で
    デリケートな肌もやさしく洗浄
    200ml
    2,160円(税込)

    黒砂糖生まれの天然オリゴをたっぷり配合し、肌をいたわりながら洗い上げる洗浄料。弱酸性のアミノ酸洗浄成分が、敏感になりがちな乾燥肌もしっとりと洗い上げます。ポンプを押すだけで、ホイップのような泡が出てくるから泡立てが苦手な方にもオススメ。

    商品情報を見る

うるおいをたっぷり与えてキープ!

洗顔後は放っておくとどんどん乾燥していってしまうため、時間を空けずにうるおい補給を。ローションは保湿力の高いタイプを選び、たっぷりつけてください。コットンを使ったほうが、肌全体にまんべんなくなじませることができますが、その際はコットンが透けるくらいたっぷりの量を使い、肌をこすらないようにしましょう。

肌のうるおいを守るためには、水分だけなく油分も必要。特に乾燥肌の方には、乳液とクリームのW使いをオススメします。乾燥しやすい人は、肌のバリアの役割を担っている角層がガタガタになっていることも。角質細胞同士を結び付ける働きのある「セラミド」入りのアイテムこそが、うるおい回復のカギです。「オリゴミルク」や「モイスチャーオリゴクリーム」なら、複数種のセラミドやアミノ酸を配合。肌のうるおい保持力をしっかりサポートします。

コットンは、顔の中心から外側へ、下から上に向けて軽くすべらせるようにします。拭きとりが終わったら、軽くパッティングするとより角層のすみずみまで水分を行き渡らせることができます。
  • オススメ ローションママ&キッズ
    スキンコントロールローション
    (しっとり)
    カサカサ肌にじんわり浸透
    みずみずしさを長時間キープ
    150ml
    2,656円(税込)

    肌にやさしい弱酸性&アルコールフリーのしっとりローション。9種のアミノ酸、スーパーオリゴなどの保湿成分が角層内部にじわじわ浸透。たっぷりのうるおいを長時間キープします。さらに、ビフィズス菌エキスを配合し、くすみのない明るい肌に。

    商品情報を見る
  • オススメ ローションレドナ
    モイストリッチローション
    うるおい貯水型処方で
    内側からしっとりうるおう肌へ
    150ml
    3,888円(税込)

    角層にあるうるおいの素に働きかけるγ-PGAなどの美肌成分が、肌の自らうるおう力をサポートする超しっとりタイプローション。さらに、くすみを防ぐ「シャルドネエキス」や、肌表面にうるおいの膜をつくる「フコイダン」を配合。ゴワつきのないふっくら肌へと導きます。

    商品情報を見る
  • オススメ 保湿・保護ママ&キッズ
    オリゴミルク
    スーッと軽く肌になじみ
    しっとりモチモチの肌へ
    108ml
    3,024円(税込)

    4種のセラミド(セラミド2,3,5,6)と6種のアミノ酸を配合。肌のうるおいを守るバリア機能をサポートします。さらに、高純度ひまわりオイル配合で、すこやかな肌へと導きます。軽い感触ながらも抜群の保湿力を誇り、しっとりモチモチ肌へと導きます。

    商品情報を見る
  • オススメ 保湿・保護ママ&キッズ
    モイスチャーオリゴクリーム
    たっぷりの保湿成分でうるおいが長続き
    とろりとのびるやわらかクリーム
    60g
    3,024円(税込)

    5種のセラミドとエモリエントアミノ酸を配合し、肌のバリア機能や水分保持力をサポート。のびの良さと肌なじみにこだわり、クリームならではのしっとり感を保ちながらも、なめらかな使い心地を実現しました。目元、口元といった乾燥しやすい部分へのポイント使いも◎。

    商品情報を見る

One Point Advice!

体の内側からうるおいを補給するのも◎

肌には本来、自らうるおい成分をつくる力があります。ただし、残念なことにその生産量は、年齢とともに減っていきます。また、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなども肌のうるおい成分減少の一因。乾燥がなかなか良くならないという方は、スキンケアで保湿するだけなく、サプリを使って内側からうるおいを補給してみてはいかがですか?

ヒアロエラスチンゴールドPro」は、ハリと弾力の源であるヒアルロン酸、コラーゲンといった美肌成分を低分子化して配合。さらにくすみ対策成分としてプラセンタエキスや、腸内環境を整える乳酸球菌をプラスしました。カサつきやくすみが気になる、パワー不足を感じる、といった悩みに応え、内側からみずみずしい肌へと導きます。