こんな方にオススメ
そんなお悩みから桑の葉美人青汁」が誕生しました

現代人の食生活をサポートする自然の恵みとして今、「桑」が注目を集めています!

今、注目の桑の葉のパワーに水溶性食物繊維、植物性乳酸菌、フラクトオリゴ糖を独自配合

朝摘みの桑の栄養をギュッ!

桑の葉には驚きの栄養成分が含まれています

桑の葉は美容と健康のために大切なカルシウム、鉄分、食物繊維、ポリフェノールなどが豊富で、カリウム、マグネシウム、リン、亜鉛などのミネラルもバランスよく含んでいます。さらに、糖質の吸収を穏やかにするので甘いものや炭水化物が好きな人にもオススメです。

朝採り桑の葉をその日のうちに青汁へ加工します

生命力あふれる桑の葉を、丁寧に手摘みで収穫した後、フレッシュな状態で工場へ。鮮度を逃がさないようすぐに加工します。

蒸すという工程により、桑の葉の風味を閉じ込め、鮮やかな色をキープします。

農薬・化学肥料は一切使っていません

鹿児島の自然豊かな山間で育てられる有機桑は、健康な土、きれいな水、太陽の光をいっぱいに浴び、緑が濃くツヤがあり生命力にあふれています。

安心品質にこだわっています

「桑の葉美人青汁」の有機桑の葉は鹿児島の生産者「わくわく園」さんのもとで丁寧に栽培されています。安心・安全な青汁のもとになる桑の葉です。

青汁1杯に100億個の乳酸菌

【栄養成分表(1袋4gあたり)】
エネルギー 12.04kcal、たんぱく質 0.38g、脂質 0.16g、糖質 1.66g、食物繊維 1.24g、ナトリウム 0.85mg、カルシウム 71.60mg、マグネシウム 7.72mg、リン 13.08mg、鉄 0.46g、カリウム 66.40mg、亜鉛 0.05mg、葉酸 6.80μg

桑の葉美人青汁は悩める皆さんの健康のミカタ

一足早くお試しいただいたモニターさんの声

  • こんなに美味しい青汁初めて!飲みやすいのに栄養たっぷりで嬉しいです♪ノンカフェインなので、子供と一緒に安心して飲めます。

    Yさん 45歳

  • 出産前後、便秘がちで下半身のむくみも気になって…飲み始めてすぐに便通がスムーズになりスッキリしてきたようです。

    Tさん 30歳

  • 桑の葉に糖分の吸収を抑える働きがあると聞いて、さっそく飲み始めました。食べ過ぎたかなと思ってもキープできているみたい!

    Sさん 38歳

おすすめの飲み方

「桑の葉美人青汁」はバランスよく栄養たっぷり!

「桑の葉美人青汁」Q&A

どうやって飲むのですか?
A : 1日1〜3包を目安に、1包に対して100〜180mlのお水やお湯、牛乳などに溶かしお召し上がりください。体質によってはおなかがゆるくなったり、逆にお通じが悪くなったりする場合がありますので、その時は量を調整してください。
いつ飲めばいいですか?
A : 食品ですのでいつ飲んでいただいてもかまいません。大切なのは毎日続けて飲んでいただくことです。食事のタイミングに一緒に飲んでいただくと、飲み忘れなく習慣化しやすいのでおすすめです。
子どもが飲んでも大丈夫ですか?
A : 野菜不足、育ち盛りのお子さまにも飲んでいただける青汁です。ただし、3歳未満のお子さまは一度にたくさん飲むと便がゆるくなる可能性がありますので最初は少量ずつお召し上がりください。※原材料に対しアレルギーをお持ちの方は飲用を避けてください。
作り置きをしても大丈夫ですか?
A : 開封後は外気にふれることで品質や風味の劣化が始まります。作った後は冷蔵庫に保存し、その日のうちにお飲みいただくことをおすすめします。
桑の葉は何にいいのですか?
A : 桑の葉は、昔は養蚕農家の家族の健康食材として、てんぷらやおひたしにして食べられてきました。最近の研究では、食べものの糖分の吸収を抑える働きも注目されています。
賞味期限はどのくらいですか?
A : 製造日から2年です。脱酸素充填をすることで市販の青汁よりも長く鮮度を保持しています。箱の裏面やスティックに賞味期限を記載しています。スティック未開封の状態なら、期限内おいしくお召し上がりいただけます。
妊娠中、授乳中でも大丈夫ですか?
A : 桑の葉は妊婦さんに飲まれている青汁です。「桑の葉美人青汁」は農薬を使用せず、植物由来の素材のみで作っております。カフェインを含んでいませんので、妊娠中、授乳中の方でも安心してお飲みいただけます。ただし、妊娠中は体調が不安定になったり、食べもの飲みものに敏感になる場合がありますので、最初は少量から始めていただき体調をご確認ください。また、青汁を飲むことがご心配な方は、お医者さまにご相談いただくことをおすすめします。

桑の葉美人青汁をおいしく続けるなら青汁定期コースがおすすめ