お悩み別商品 > 子どもの肌のお悩み

【赤ちゃん・子どもの肌のお悩み】あせも(汗疹)のスキンケア商品

あせもといえば夏の肌トラブルと思いがちですが、近頃、冬でもあせもになる乳児や子どもが急増しているのだそうです。あせもになる原因は、ご存知の通り「汗」。汗をかかないのがいちばんの予防法とはいえ、汗をかくのを止めてしまうことは無理な話。でも、環境や服装を工夫したり、正しく汗を処理するなど、ママのちょっとした気遣いで、真夏でもキレイな肌を保ってあげることは可能です。正しい汗対策をマスターして、今年こそはあせものないすこやか肌をキープしてあげましょう!

汗が乾いたら、もう手遅れ? あせも予防のキーポイント

知っておいて!子どもの汗は大人とちょっと違います。

赤ちゃんや子どもはとても汗っかき。ちょっと動いただけでたちまち汗びっしょりになってしまいます。あの小さな体で、なんと大人の3倍近くも汗をかくと言われています。これは、新陳代謝が活発で体温が高いため。さらに、汗が出る汗腺の数は生まれたときにはすでに大人と同じ数あります。つまり、皮膚の面積に対して汗腺の密度がとても高いということ。これもまた、あせもの原因のひとつです。

汗には身体の熱を放出させて体温を下げるという大切な役割があり、汗をかくこと自体は悪いことではありません。ただし、汗をかいたままにしておくと、あせもやアトピーの悪化など肌トラブルにつながってしまうことも。汗との賢い付き合い方をマスターして、子どもの肌を守ってあげましょう。

手遅れになる前にすぐに処理!

皮膚のいちばん外側には、角層という外部の刺激から肌内部を守る細胞の層があります。お風呂に長時間浸かっていると指先がふやけてシワシワになることでわかるように、水分を含むと角層はふやけて傷つきやすくなります。汗をかくと同じように角層はふやけるため、衣類などでこすれて傷つくと、汗の出口がふさがってしまうのです。すると汗は皮膚の内側にたまり、炎症を起こしてあせもとなるのです。

あせもを予防するポイントはいくつかありますが、まず大切なのは必要以上に汗をかかせないこと。外にいるときはしょうがないにしても、室内にいるときはクーラーを使って常に25℃以下の室温を保つようにしてください。夜寝ている間は大量に汗をかくので、クーラーは朝まで付けたままに。扇風機で空気を撹拌して、冷気が1カ所にかたまらないように気をつけましょう。

洋服は通気性、吸湿性が良いものを選ぶこと。そして、汗をかいたらすぐに処理することが大切です。シャワーで洗い流すのがいちばんですが、それができないときは濡れタオルで肌をこすらないようポンポンと拭きましょう。もちろん、そのあと保湿ケアをするのも忘れずに。

1枚着せただけで、赤ちゃんはこんなに暑くなる!

左は肌着1枚のみ。右は上下一体となったロンパースタイプの服を着せて10分経過した赤ちゃん。赤くなっている部分は熱くなっている部分。右は手足の体温が上がり、顔にいたってはかなり熱くなっているのがわかります。

そのコーディネート、あせもを考えたら大間違い。

最近は、冬でもあせもができている子どもが多いそうですが、これは厚着が原因なことが多いようです。夏でも、汗を吸い取るためにTシャツの下に肌着を着せるお母さんがいますが、暑がりで汗っかきな子どもは、夏はもちろん秋冬でも「大人より1枚少なく」が原則です。特にオムツをしている赤ちゃんは、それだけでかなりムシムシしているため、ロンパースのような熱がこもりやすい服装はできるだけ避けましょう。

春夏なら外出時であっても靴下やレッグウォーマーはいりません。冬場でも室内ならはだしが理想的です。足先が冷たくなっていると心配するかもしれませんが、子どもは手や足から熱を放出するため、足先が冷たいのが正常なのです。体温調節がしやすい服装や着せ方こそが、あせも予防のカギ。お子さんがいつも笑顔でいられるように、常に気をつけてあげてくださいね。

体温調節がしやすい服装や着せ方こそが、あせも予防のカギ。お子さんがいつも笑顔でいられるように、常に気をつけてあげてくださいね。

  • 一生モノのすこやか肌を育てる「基肌育のススメ」はこちら

スピードが重要! 汗をかいた時のケア方法

汗と汚れでベタついた肌はうるおい洗浄剤でスッキリ!

汗をかいたあとの処理は、シャワーで洗い流すのがいちばん。ただし、シャワーのたびに洗浄剤を使うと肌を乾燥させてしまうため、ぬるめのお湯で流すだけで十分です。洗浄剤を使うのは、1日1度までにしましょう。

洗浄剤を使って洗うときも、肌のうるおいを逃がさないように気をつけて洗ってください。汗や汚れでベタつきがちな夏は、ついゴシゴシこすってしまいがちですが、これは肌を傷つける原因に。子どもも大人も、たっぷりの泡で手を使って洗うのが原則です。泡立てるのが面倒くさいという人にオススメしたいのが、ポンプを押すだけでもこもこの泡が出てくる「ベビー全身シャンプーフレイチェ」。「8種のうるおいアミノ酸」や「ベビーズエマルジョン」などの保湿成分が、デリケートな赤ちゃんの肌もしっとり洗い上げます。ブツブツやかゆかゆが気になる肌には、「薬用コスミソープ」を。贅沢に配合された黒砂糖20kg分の「スーパーオリゴ」が、すこやかでツルツルの肌へと導きます。

汗をかく季節は、頭皮も汚れやすくなります。皮脂分泌が多い頭皮は、体用の洗浄剤では皮脂や汚れを落としきれません。ヘアシャンプーを使ってスッキリと洗ってあげましょう。

夏でも肌は乾燥している! 汗のダメージから守るためにも保湿は必須

暑くて湿度も高い夏は、スキンケアなんて必要ないと思っていませんか?実は、子どもの肌は、夏でもとても乾燥しています。下のグラフでも、夏の子どもの肌水分量は秋の成人女性よりも少ないことがおわかりいただけるでしょう。常に乾燥状態のうえに、冷房や紫外線など、夏は肌を乾燥させる要因がたくさんあります。トラブルがなくても、毎日の保湿ケアは欠かさずしてあげましょう。肌がうるおうと、紫外線のダメージや汗の刺激も受けにくくなります。

日中、肌のカサつきやかゆかゆが気になったときに、便利なのが「スキンコントロールローション(さっぱり)」。スプレータイプだから外出先でも素早くケアできるうえ、スーッとした感触で汗をかいているときでもさっぱり気持ちいい!朝晩のケアには、さらに保湿力の高い「ベビーミルキーローション」を。水分と油分の両方が含まれているため、肌をみずみずしく保湿しながら、肌にうるおいを閉じ込めて逃しません。

  • 一生モノのすこやか肌を育てる「基肌育のススメ」はこちら
赤ちゃんと大人の肌の水分量比較四季を通じて、成人女性より赤ちゃんのほうが肌の水分量が少ないことがわかります。湿度の高い夏でさえ、赤ちゃんの肌は大人の1/3以下の水分量しかありません。

あせもができているときも
保湿ケアをするべき?
あせも予防のためにも、
保湿ケアは必要です

あせもの予防には「できるだけ汗をかかせない」「汗をかいたままにしない」ことが大切ですが、実は保湿ケアもあせも対策には必要不可欠。保湿ケアによって肌のバリアが強くなれば、汗の刺激を受けにくい肌になりますよ!

塗り薬を使う場合、
保湿ケアはしない方がいい?
薬を使っていても保湿ケアはしましょう

保湿ケアは薬と違って肌をすこやかに保つ効果が。保湿ケアを続けると、汗などの刺激に強くなり、あせもになりにくくなりますよ。薬と併用する場合は、全身に保湿ケアをした後患部にだけ薬を塗りましょう。

汗をかくから、
肌着を着せたほうが良いですよね?
肌着重ね着はおすすめできません!

赤ちゃんは体温が高く暑がりなので、肌着を服の下に重ね着すると、より汗をかきやすくなってしまいます。肌着は着せずTシャツなどを1枚で、汗をかいたら着替えさせるのがベストです。

汗はそのうち乾くから
放っておいてもいいですよね?
NG!汗をかいたままの状態が
あせもの原因です

汗は、かいたまま10分間放置するとあせもになるといわれています。汗をかいたらできるだけ早く洗い流すか、肌触りのよいタオルでやさしく押さえ拭きしましょう。その後保湿ケアをすればあせも予防には◎。外出時はミストタイプの保湿ローションもおすすめです。

肌の悩みはご相談ダイヤルに  03-5665-1800 【受付時間10:00〜17:00(土・日・祝日・夏期休暇・年末年始を除く】